2006年02月26日

【事務連絡】ご報告と,お別れの予告のごあいさつ

なにやら,
いろいろ整理されまして,
ここのブログも,どうやら,
お別れが近づいてきちゃったみたいなのですよ〜。

という気が,しています。

そこで,少しさみしくはあるけれど,
2週間後,3月14日の3rd Anniversaryをもって,
ここは,閉めさせていただこうかと,存じます。

長い間のご愛読,まことに,ありがとうございました。
しばらくは,短めの日記を続けて,
いろいろ,「あとしまつ」をしてみたいと,思います。

(「どの記事がよかったか,ベスト3アンケート」とか,
 やってみたいなぁ。
 あと,アクセス数の実験の結果発表も,しますので。
 そして,どこかでまた「開店」すると思いますし,
 その時は,必ずお知らせしますので。 どうぞ,よろしくであります)

・ここの記事たちは,
ぼくにとっても,1つ1つが,かわいい子たちなので,
過去ログとして,ここに残すか,
なんらかの形で,入手できるようにする予定です。
ですので,愛読者の方々も,
どうぞ,ご安心くださいませ。

・針を,槍に。
できてきてるよ,じゅんくん(^^)
ありがとうございます,兄貴。


・ぼくがわりと“大きめ”なったのは,
小さい時に,アメリカに1年住んで,多様な経験をしたから,
なのかなぁ??

でも,それも,たいした違いはないのだ。
それぞれ,それぞれの守るべきサイズがある。
そこに,貴賎はない。

というか,ないことと,したい。
それはおおむね,定義の問題であろう,
という気がします。なんとなく。

Timにも,またいつか,会いたいなぁ……
ぼくの(記憶に残る範囲での)最初の深友。
いま,元気かなぁ……
きっと,またいつか,会えるよね(^^)


・おばあちゃんへ
がんばってくれて,ありがとう。
やっと,きちんと泣かずに,
お別れが,言えそうです。

だから,安心して,向こうに行かれてください。
また帰省した時には,会いに行くからね。(^^)


向こうで,ぎいっつぁんたちと,
ちゃんと仲良くやってね〜(^^;)。


・最後は,あの記事――藤子F不二雄さんの,
「人の喜びを願い,人の不幸を悲しむ」の記事だけは,
残してみたいなぁと思います。

「心に残る言葉」システムは,とても,いい発明ですね,
カイパパさん。
それは,独創性を気取らず,きちんと先人の肩の上に乗ること,
(「模倣」)に,つながっている,から。

誰の肩に乗り,なにを受け継ぐかは,
自分で,決められる。
本当に,いい時代なぁ,と思います。
それが本当の「独創性」というものでありましょう。

ぼくは,それを,守りたい。
時代に合わせて,まだしばらくは。
そして,きちんと,次に渡したいのです。


・外を見たら,雨が降っていた。
 今日は,雨かぁ。

こんな日は,いつもあの詩を,なぜか,思い出す。

「九月の雨」

私の白昼の夢は,秋の木の葉に埋もれ,
それを秋の雨が濡らしていく

ときは優しい九月,場所は木陰の小径

私は,秋の風の翼に乗り,
想い出の中に帰っていく

(訳詞:景山民夫,原題:「September Rain」)



でもそれは,まだもう少し,先のお話。
(の,予定。)
                  ・・
まだ,やるべきこと/やりたいこと――未練,が,
あるからねー。


・ととさま,かかさまへ

おふたりの子として産まれたことは,
ぼくにとって,本当に,幸せなことでした。
いろいろ苦労をかけたけど,
というか,
おふたりが,たくさんたくさん苦労してくれたからこそ,
ぼくも「親のキモチ」が,いくぶんわかるように,
なってきた(のかな?えへへ) のでありましょう。

ふとそういう目で見てみると,
やっぱりきちんと,自分は,半々ずつ,
両方に,似ている気がするなぁ。

おもしろいもんですね。ふふふ。


では,アルバイトに行ってきます。
今日,初出勤なのだー。たのしくやれるといいな☆

いってきます! (^^)/  

Posted by gandhi at 08:18Comments(1)TrackBack(0)[G2] 錬磨

2006年01月11日

5時に起きると仕事がはかどってよいが,1日が長い(物理的に)。

5時に起きると仕事がはかどってよいが,1日が長い(物理的に)。

年末の大道仮説実験ワークショップを終えて,
どうやらまた一皮,むけたらしい。

なんかね,抽象的な悩みがないんだな,このところ。
「どうしたらいいか」と〈具体的な対応を考える〉ことはあるけど,
「どうしよう……」と「……」付きで〈ウジウジ悩む〉ことが,
ほとんどない。

精神の状態の「湿度」がすごく低くて,
かなり,カラリ!と晴れている。

もう迷いはない。
自分に与えられた時間と,自分にやれることを見極めて,
ただひたすら,前に進むだけである。
目的地も,ハッキリしている。

しかも,その目的地は,
決してたどりつくことがなく,
しかし,夜空の月のように,決して見失うことなく,
どの道を歩いていてもハッキリと見えて,
永遠に距離は縮まらないけど,
嫌にならずに進み続けることができる,そんな存在。

我ながら,うまいミッションを設定したものだと,
ひとり,悦に入っている(^^;)。

愚痴や批判では,人は変えられない。
ちっとも現実は改善されない。
そういうことは,苦しかった時期に,しつくした。
だから今はもう,そんな不毛なことするのは,時間がもったない。

残りの人生,アメフト選手のように,全力で,
全身で体当たりで押し込んで,
1メートルでも,1ミリでも,ボールを前に進められたら,
それでぼくの人生は,十分意味がある。
どうせ一度放り投げて,人に拾ってもらった命だから。

そう思える境地に“至った”(?)ので,
毎日,寝る前に,
「あー,今日もなかなかいい1日だった!」と思える。
したがって,無駄なエネルギーの消耗が,極めて少ない。


こんなことを自分で言うのは,どう考えてもアホなので,
信じてくれなくていいが,
たぶんぼくは将来,かなり高い確率で,
けっこう,「スゴイ人」になると思う。

それは,勝手に自分でそう確信して,
バカみたいに自分の可能性を信じているから。
そして,そのために,努力をし,
道具(自分の能力)を日々使い込み,磨き込んだり,改良しているから。

なにしろ,バカは,強いのでありますよ。


今日は,配属希望の研究室を,かーぴーとふたりで訪問。
やはり,ここで働いてみたいと思った。
とりあえず10年は,保全生態学に身を投じて,
最低ひと仕事(できれば,1+α仕事)したい。

でも,枠がひとつしかないんだよなぁ……
かーぴーと一緒に仕事できたら,おもしろそうなんだけど。
しかたないか。

4年生では他の研究室で
分子生物学の基礎的なスキルを徹底的に身につけてから,
修士から保全生態学研究室に行く,という道も,ありかもしれない。
(それはそれで,非常に強い戦い方ができるだろう。)

まぁそこは,「理想掲げて妥協」しながら,ゆるやかに,
しかし確かに進んでいきたい。
とりあえず,かーぴーとよく話し合うことにしよう。


年末年始の臨時収入で,
さわかみファンドを買い増し。
手元にあるとお金を使ってしまう性分なので,
どうしても買いたいものの予算だけを残し,
あとは全て運用に乗せた。
(うえのさんの電話の対応が,迅速で丁寧で,気持ちよかった。さすが,さわかみ社員!)

現在,さわかみファンドの基準価格はうなぎのぼりだけど,
グラフを見る限り,たぶん,まだまだ上がるだろう。
今が極大値とは思えない。だから,気にせず買う。

ついでに,定期購入の申し込み用紙も頼んだ。
いよいよ来月から,定額購入分が天引きされ,
強制的節約生活が本格化。
健康を損なわないようにしなければ(^^;)。

今日は,なんだか長い1日だった(だって5時起きだったもんね(^^;))。
おやすみなさい。
  
Posted by gandhi at 22:55Comments(0)TrackBack(0)[G2] 錬磨

2006年01月10日

グチとHappy Birthdayと『手抜き実験のすすめ』

グチとHappy Birthdayと『手抜き実験のすすめ』

大学がはじまった。久し振りの講義。
ストレス,フォー!!

(※HGと,「Stressful」をかけております。
おそまつさまです。)

耐え難い。
1時間半,席に座ってじっと,
(たいていはどうでもいい)話を聞いていなければいけないのは,
今のぼくには,もうほとんど,拷問である。

いま,他にもっとやりたいことが,あるんだぁぁぁぁぁぁ……

これで給料もらうならともかく,
どうしてお金を払って,こんなどうしようもないサービスを
提供されないといけなのか。
(ラーメン屋でラーメン頼んで,まずいラーメン食わされたら
怒らない人はいないのに,学校でまずい講義を出されても
誰もギモンにも思ってないようにみえるのは,
不思議でたまらない。サービスを買ってるって意識が,
ないんだろうなぁ……)

本気で,〈大学やめたい病〉が再発してきた。
まぁ,やめ(られ)ないですけど。

う〜,
今日の午後の実習なんか,コンテンツの魅力とかそれ以前に,
人としてのコミュニケーションができてなかったもん。

人になにかを指示する時はどうしたらいいのかってこと,
一度でも考えたこと,あるんだろうか。アホちゃうんか。

うぐ〜〜〜………
ブツブツブツブツブツブツブツブツ!!!!!!


あ〜……。

ま,グチはグチとして吐き出して,
でも,グチでは現実は変えられないので,
自分にできることをしていくしかない。

さて,今日は分子模型講座のお知らせを,
学科内で配布した。

来週1週間,
神奈川県二宮にある附属の果樹園で,泊まり込みの実習なので,
その夜,まったりと分子模型講座を企画することにしたのである。

明日,記事を改めて,紹介します。


今日はTづけくんの誕生日。
本をプレゼントした。

2類の福井先生が書いた,
『手抜き実験のススメ』という本。


福井 泰久・岩松 明彦『手抜き実験のすすめ―バイオ研究五輪書』

(日経バイオビジネス,2003)


「手抜き」というと聞こえが悪いが,
ここでは,「勘所(かんどころ)」という意味だ。

たとえば,
初心者が自転車に乗れない理由は,たいてい,
余分な力を入れ過ぎているからだ。
乗れる人は,ほとんど力なんか入れない。

読書でも,そうであろう。
読むのが苦手な人/読み慣れない人は,全ての文を均等に読もうとする。
一方,読み慣れている人は,文章を無意識に重み付けし,
読み流す情報と,重要な情報を見分けながら読む。
だから読むのも早いし,要点を外さない。

つまり,〈本当になにかが上手い人〉というのは,
全てを完璧にこなす人のことではなく,
力の入れ所と抜き所を,きちんと知っている人のことだと思うのだ。

Tづけくんは,几帳面で,
こまかいことが得意な才能がある。

でも,あまりにこまかいことにこだわり過ぎて,
「おいおい,そんなにがんばったら,疲れちゃうよぉ」と,
見ていて心配になってしまうことが,ある。

だから,今回の本をプレゼントした。
これからの研究(や人生)は,長丁場だ。
ぜひ,力の抜き所を知って,
真の実験職人,実験の達人になってほしい。

がんばる人は,大好きだ。

ぼくが君を高く評価しているのは,
君が,前向きにがんばる奴だからだ。

誕生日,おめでとう。
これからもよろしく(^^)  
Posted by gandhi at 21:27Comments(4)TrackBack(0)[G2] 錬磨

2006年01月05日

[鍛練] 食生活改善

6142651f.JPG

本日の朝食。
ごはん,豚汁(キャベツ,にんじん,もやし,豚肉こまぎれ)
ミニみそ湯豆腐(レンジで),インスタントコーヒー。

食生活も見直すことにしました。
朝食に力点を移し,逆に,夜は素食(といえども粗食にはあらず)気味に。
お昼は,今まで通り基本的に大学の生協。食生活のバランスを得ることを心がける。


我ながら,なんかどんどん,
求道者っぽくなっていくなぁ(^^;)。
でも,無理はしてなくて,やりたいからやってるので,
全然苦しくはないです,いまのところ。

今年はさわかみファンドを毎月,定額購入したいです。
収入を増やさずに(/せずに),
出費を抑えて月に1ユキチを捻出する方法を考えたら,
こうなりました。

もしかしたら,少し痩せるかもしれません。
なるべくやせないように気をつけるつもりではありますが,
もしぼくを見かけて,その頬が少しコケていたら,
「おぉ,がんばっとるなー,こいつ」と思って,
メシでもおごってやっていただけると,
わたくしの寿命が延びます(^^;)。
みなさま,よろしくお願いします(^^;)。

さて,仕事仕事。  
Posted by gandhi at 06:11Comments(0)TrackBack(0)[G2] 錬磨

2006年01月03日

まっすぐ!

まっすぐ!

兄上は,ひと足早く,みやこへと帰っていかれた。
新米ぺーぺーは,なかなかたいへんらしい。

今回の帰省で,家族とはいいものだと思った。
生きとって,ホントによかった。なはは。

また,社会の中での自分の位置,
自分のバックグラウンド,といったことも,
改めて,意識した。有意義であった。

晩,いいテレビ作品を観た。
彼らは,ぼくの背中を強く押して,去った。
ぼくも「ロマンチ」でいーやー。

明日,東京へ戻る。
残り362日,全力で,


まっすぐ!
まっすぐ!

12月29日,名古屋,南陽大橋から。  
Posted by gandhi at 23:59Comments(0)TrackBack(0)[G2] 錬磨

2006年01月02日

続・2006年の抱負と目標

続・2006年の抱負と目標

1コ前の記事,
「2006年の抱負と目標」のつづき。

ぼくの抱負は,まとめると,
 ・甘えを排す
 ・研究者としてのレベルアップ
 ・〈右側〉への意識
であった。

そのための具体的目標として,とりあえず,
『たのしい知,みっけ!』No.3,No.4の発行
・卒業研究で論文をまとめたい
・体を鍛え,体力をつける
・本とファンド積み増しのためのお金を作る
の4つを挙げた。

また,ブログでは,アクセス成長実験を始めた。
(→「【実験計画】本年のこのブログの使い方について」

さて,あちこちのブログをのぞいていると,
みなさん,それぞれ,新年の目標を立てておられる。
新年は,こういうのが,清々しくて,よいですね。
気持ちよい。

いくつか取り上げてみよう。


Y日記:空飛ぶ教授
欲張りではあるが、私のライフワークだ。あきらめるつもりはない。
いろいろな方々の協力を得ながら、夢をひとつひとつ現実のものにしていきたい。

 サバディカルって,日本にもあるのか〜!いいないいな。
 目標が,極めて具体的。
 そりゃ,yaharaさんは,人生の“ミッション”が,もう既にしっかり固まってるであろうからなぁ。

 『保全生態学入門』,昨日読み終えました。
 おもしろかったです。



一方こちらは,若さあふれる,さわやかな決意。
やっすんさん(「前略 お元気ですか?私は元気です」)
どれだけ多くの他人に心配されたり気の毒がられたりしても
自分までそれに流されないように。
自分のことをかわいそうがって、
目の前のことから逃げて安易な道に走らないように。

「自分に一言たりとも言い訳するな。自分で自分に甘えを許すな。」


 「甘えを排す」という目標が,自分のとモロにかぶってて,
 ちょっとびっくりした。
 基本的価値観・スタンスが,どうも,やはり,けっこう似ているらしい。
 ブログで出会った縁なのだが,不思議なものだなぁ。
 (まぁ,半分は,必然か。)
 本年もよろしくお願いします。

「さかしらにわずかな不幸を見せびらかすな!」(宮崎駿「もののけ姫」:エボシ)
「自分に同情するな。自分に同情するのは,下劣な人間のすることだ」(村上春樹『ノルウェイの森』:永沢さん)



さわかみ投信
個人個人がそれぞれの経済的自立を目指す。
その先に,ゆったりとした豊かな社会が築かれていく。
結果として,国の財政も年金問題も健全化に向かう。
そんな夢を真正面から追いかけましょう。

さすが,スケールがちょっと違う(^^;)。
これが社員向けの訓示ではなく,顧客へのメッセージなのが,すごいわ。
ぼくも微力ながら,ファンドを積み増すことで,協力したいと思います。


引き続き,みなさんの今年の目標,募集。
いろんな人の熱い目標を,もっと読みたい!

この記事は,随時追記します。

  続きを読む
Posted by gandhi at 06:40Comments(2)TrackBack(0)[G2] 錬磨

2006年の抱負と目標

2006年の抱負と目標

■1.甘えを排す
自分の中にある甘え根性を叩き直し,心を鍛え,練る。
一切の甘えを排し,揺れない・崩れない心
(ないし,極めて揺れにくい/崩れにくい心)を作る。

■2.知恵の職人を目指し,レベルを上げる
とにかく早く終端速度に達してしまいたい。
そうなれば,あとは,
残りの人生50年間(いまのところ73くらいで死ぬ予定)を,
空気抵抗の分だけ力を足しながら,
慣性で走り続けることが可能になり,らくちんである。

この1年でがむしゃらに学び,働いて,
走り続ける習慣を作ってしまおう。

板倉さんのような,知恵の職人を目指す。


板倉聖宣『たのしい知の技術』
仮説社,2001) ¥1995-

■3.「右側」への意識
〈右側〉への移行の努力も,
意識的に,積極的に行っていきたい。
目標を共有できる仲間とは,とことん競争し,
互いに刺激しあい,切磋琢磨したい。

また,受け取ってくれる人にはとことんギブし,
その人の能力向上・自己実現を応援する。

理想のイメージは,
尾田英一郎『ワンピース』の愉快な海賊たちである。
ああいうふうに,気の合う仲間と一緒に,一生,バカやっていたい。


尾田英一郎ONE PIECE (巻26)



*「右側」という言葉については,ここでは説明しない。
 興味のある方は,以下の2冊を参照されたし。


ロバート キヨサキ『金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント』


(筑摩書房,2001) ¥1995-


『皿回しで考える。』

宮地祐司・石川雄一 著(楽知ん研究所,2005) ¥600-


■具体的目標
以上の3つをふまえ,1つレベルを落として,
具体的目標を設定しておく。

『たのしい知,みっけ!』3号,4号
   ……1月末に3号,3月末か4月初めに4号を出し,
     「1年間で4冊」の約束を果たし,発行終了する。

・「論文」を書く。
  ……今年は,大学の卒業研究がある。
    「レポートに毛が生えた程度のもの」でも卒業できるとも聞くが,
    そんなレベルで満足したくはない。

   できれば,4年生の時点で,論文を1本まとめたい。
   どっかのマイナーな学会誌でいいから,
   とりあえず,レフェリーのいる雑誌に,
   自分の研究成果を載っけたい。

   というのは,そうすると,
   修士の奨学金をとる上で,格段に有利になる,
   という話を,どこかで聞いたのである。

   なにしろ,4年生の時点ではたいして選ぶ基準がないので,
   「論文1本載った」というだけで,
   十分,他から区別される基準になりうるんだそうである。

   まだ研究室がどんな感じかわからないので,
   無謀な挑戦かもしれないが,
   しかし,現時点では,
   それほど無理なことではないだろうと考えている。

   
「やってみないうちからあきらめるのは,
    いちばん,つまんない人間だ。まず,やってみなはれ」


    と,NHKのプロジェクトXで,
    南極観測隊のリーダーのおっちゃんが言っていた。

   今回の帰省したら,
   父親母親の肉体的(と,それに伴う精神的な)衰えが,
   すっかり顕著になっていた。
   早くしっかりしたい。


・体を鍛える
  ……体も鍛えたい。
    この先を走り続けられるだけの体力をつける必要がある。
    300日,剣道の素振り(出先では,筋トレ。ないし,それに相当する量の運動)をする。
    +,朝の南北線階段は,jog。


・お金稼ぐ
   ……できれば継続的なバイトを見つけて,お金を作りたい。
     本を買うのに使い,余ったらどんどんさわかみファンドを積む。
     しかし,もしかしたら,さすがに時間と体力的に,
     定期的なバイトをするのは,無理かもしれない。

どなたか,どっかにオススメのバイトをご存知でしたら,
教えてください。
「おいしい話」ではなく,身の丈に合った時給がもらえる職を希望。



以上。

今年は,たのしそがしくなりそうだ。がんばろう。
(※「たのしい」と「いそがしい」の合成語)

こうやって目標を人に向かって宣言すると,
堕落・挫折防止になるので,よいです。

みなさんも,よければ,
今年の目標を教えてください。



「続・2006年の抱負と目標」へ続く
  
Posted by gandhi at 06:34Comments(0)TrackBack(2)[G2] 錬磨