2004年09月27日

出口陽正さんの理科大特別講義

出口陽正さん理科大特別講義
■出口陽正さんの理科大特別講義

25日(土)にあった,理科大での特別講義にモグってきました。
講師は,兵庫で小学校教師をされている,出口陽正さん。

出口さんはそれまで理科中心だった仮説実験授業で,
初めて数学の授業書を作られたパイオニアです。

さらに翌日,26日(日)には授業書体験講座《落下運動の世界》が行われました。

ぼくは数学の授業書を受けるのは初めてで,
最初は「ほんとに数学でも仮説実験授業ができるのかなぁ?
できたとしても,それは小・中学生向けで,大人が楽しむのには耐えないのではないだろうか?」と,
疑いながら参加したのですが,そんな予想は見事に,気持ち良く裏切られ,
2日間とも,とてもたのしい充実した時間を過ごせました。


土曜日は《2倍3倍の世界》,《図形と証明》,
日曜日は《落下運動の世界》,
2日間で3つの数学の仮説実験授業(※)を受けたのですが,
どれも数学の基礎的な概念を感動的に学ばせてくれるものでした。

※:厳密には《図形と証明》は「仮説証明授業」
詳しくは『仮説実験授業のABC』仮説社参照)

写真は《落下運動の世界》の実験の様子です。
ネタばれしちゃうのであまり詳しくは書きませんが,
400年前にガリレオが考えた思考,仮説実験のプロセスを追いながら授業は展開していきました。
まさに,ぼくらはガリレオ!

出口陽正さん《落下運動の世界》3出口陽正さん《落下運動の世界》2出口陽正さん《落下運動の世界》1

ただやはり,すでに学校で習ってしまっているのが残念でした。
中学の時にこういう授業を受けていたら,もっともっと感動的に学べて,
もっと数学と仲良くなれていただろうになぁ…と思うと,残念でなりません。

でもとにかく,
今回のいちばんの収穫は「数学でも仮説実験授業は成立する」ということを
キチンと確かめられた,自分で納得できたことでした。

出口さん,2日間,本当にどうもありがとうございました!(^^)


【参考】

他にどんな数学の授業書があるか,仮説実験授業の理論,などは,
『仮説実験授業のABC - 楽しい授業への招待』に詳しいです。
仮説社の紹介ページはこちら

また出口さんの書かれた『実験できる算数・数学』という本もオススメです。
こちらも仮説社から。→紹介ページ

授業書自体は,仮説社で通信販売しています。
ホームページから注文できます。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/gandhi/7293715