2006年03月11日

Love is Over. 悲しいけれど

Love is Over.
悲しいけれど おわりにしよう
きりがないから

Love is Over.
わけなどないよ
ただひとつだけ あなたのため

Love is Over.
若い誤ちと 笑って言える 時が来るから

Love is Over.
泣くな男だろ 私のことは 早く忘れて

私はあなたを 忘れはしない
誰に抱かれても 忘れはしない
きっと 最後の恋だと 思うから
Love is Over.
私はあなたの お守りでいい
そっと心に

Love is Over.
最後にひとつ。
自分をだましちゃ いけないよ。

「ラブ・イズ・オーヴァー」欧陽菲菲



ずっと,この歌は,
単に「失恋で,悲しさみし」な歌なのだと,
思っていた。

しかし,それはあまりにも,浅過ぎる解釈だった。(笑)
今なら,もう少し深い意味を,
この歌に,投影することができる。

人生は,ぼくが思っていたよりも,
ずっとずっと,複雑で,深かった。

ま,そうかと思うと,
ひとまわりして,案外単純だったりもして。
これ以上シンプルなことも,他にないような気も,
するけれどもね。


人生は,たのしーよね。
だからいまは,泣いて笑って,さらばなのじゃ!

お互いが自分自身の人生をきちんと手放さない限り,
きっといつか,また会える。

一期一会,一期多会。


愛してるよ。




*ごほんごほん。


*残り,あと3記事。 終わりの刻は近い。

 3,

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/gandhi/50072111