2006年02月17日

「白バラの祈り―ゾフィー・ショル、最期の日々」@シネ・シャンテ

「白バラの祈り―ゾフィー・ショル、最期の日々」という映画を,
日比谷のシャンテ・シネというところで,見てきました。
映画を観るのは,実に1年ぶり。

いい映画でした。

●内容について
この世界は,いい世界だなぁと思った。
醜さも含めてこその美しさ。
どんなに酷いことがあっても,
辛さ・悲しみに満ちていても,
でも(だから?)
それも全部含めて,間違いなく,いい世界。
そのような美しさに満ちた世界。
(それはまぁ,ほとんど信仰の問題なので。
 ぼくは,そういう世界観を獲得した,ということです)

それぞれが,
自分の守りたいものを抱えて生き,時には,そのために死ぬ。

ゾフィを格別美しいとは思わないし
(但,顔と身だしなみは,多いに好みではある。ふむ。
 ………むふ。),
もとい。
ゾフィを格別美しいとは思わないし,
臆病な弁護人や検事,判事を,醜いとか,
「人として劣っている」などとは思わない。

なぜならば,

(1)守りたいものが違えば,
   取るべき行動は自ずと違ってくるから。
  (そこに貴賎を投影するのは各人の自由だが,
   絶対的基準は,特にないと思われる)

(2)時代や環境,立場や来歴が,人を規定するのであり,
   人が自らの意思で選び取れることは,
   たぶん,我々が思っている以上に,とても少ないから。
   (だから,「人はチョボチョボ」なのだろう。)

そういう意味では,
我々はみな,ある意味で「歯車」である。
「世界の歯車」の1つ。

(ただし,歯車よりはややもう少し高い自由度が,
 我々には“与えられて”おり,
 ある一定の範囲内で,自分の意思での選択は可能である。
 ……たぶん。
 その点では,ぼくは完全な運命論者とは,意見を異にする)


なんか最後の方,
高校の現国の試験に使えそうな文章だなぁ(^^;)

「問.筆者の言う「世界の歯車」とは何か。○字で述べよ」


ともあれ,いい映画でした。オススメです。
(今回は,この程度の論考にとどめ,
 自身の陳腐な正義を開陳するのは,止めておくス。)


●わたくし及び会場について
館内,年齢層高し。
ゆーかんマダム仲良し銀座でランチ集団,
及び,
戦争を経験したか,終戦直後を生きた,
白髪のおじいちゃんおばあちゃん世代。

その中にぽつねんとにこやかに佇む,
明らかに正規分布のいちばんハジに位置しており,
ほとんど〈外れ値〉な存在としてのわたくし。
(さすが,「昭和の感性を持つ男」(bySお)である。)

さらに,
魔法瓶で家で淹れたレモンティーを持っていったのも,
食パンにジャムをはさんでタッパに詰めて,
風呂敷に包んで持っていったのも,
どうやら,わたくしだけのようであった。
(さすが,「昭和の感性を持つ男」(bySお)である。
 いろんな意味で外れ値。
 外れ値であることが好きであり,たのしいのである。)


●映画館を出た後の行動について

日比谷の町を散歩。
日比谷公園をぶらぶら抜けて,

霞が関の官庁街の固体群のすき間を,
自由電子のようにフラフラと彷徨い,

警察庁の前で,
ここで自爆テロしたらたのしそうだなぁ,
と甘美な妄想に浸りながら,
有楽町線桜田門駅に至り,メトロで帰宅。

なんたらビル
やや欧米のよう
欧米ちっく2
日比谷公園ソーラー時計
噴水
都立日比谷図書館

日比谷公園の作りを眺めた結果,
「セントラルパークの構造とそっくりだ」と思い,
結果,
緑地計画学のレポートのしめきりが近いことを思い出す。

「あ,まだ書いてないや……」


……おあとがよろしいようで。



いろんな方のおかげさまで,
このように,よい休暇を過ごしております。
ありがたいことです。

それでは,また。

Posted by gandhi at 15:38│Comments(2)TrackBack(0)記事編集[G2] 写真・本棚

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/gandhi/50066255
この記事へのコメント
よい映画を見ましたね。こちら、先日「砂の器」をみたときに予告編があり、是非ともみたいと思いました。3月上映です。先に見られてしまい、残念です!
Posted by チョコじい&ばあ at 2006年02月18日 22:12
>チョコじい&ばあさま

おぉ,こんにちはです。
そうか,そちらではまだ上映されてないんですね。
いい映画です。ぜひ,ご覧くださいませ〜。
Posted by ガンジー at 2006年02月19日 19:09