2006年02月14日

【ほ】保全生態学研究日誌#001 扉は開かれた!

テスト,無事終了。春休み,突入!
ビバ。ビバビバ。

その足でそのまま,研究室へ。
ボスと,何回目かの面談をし,今後の予定を相談。

とりあえず,来年度の卒論テーマに関わる
・個体群生態学
・里山
の本を,1冊ずつ紹介され,春休みの宿題となった。
(後述。前者は洋書だー。洋書は初めて。ドキワク)

とりあえず,
・教科書でのおべんきょー
・フィールドの選定 かつフィールド調査の基礎的技術・知識の習得

の2つが,当面の課題であり,
2つをバランスよくこなしながら,進めていくことに。


Kadoyaさん,という博士課程のセンパイを紹介していただく。
この方もだが,なんかもう,研究室中から,
「猛者(もさ)」の匂いが,プンプンと(笑)。

こういう舞台を,求めていた。
自分が全力を出してぶつかっても,平気で受け止めてくれて,
「次はあそこだよ。あそこに登ってみ」と
もっと高いステップを次々示してくれるような,
そういう環境を,ずっと,大学でも,渇望していたのだ。

そういう努力は,テストで優をとる努力と違って,
限界はないし,
人を蹴落とさなくていいし(むしろ積極的に協力した方が,
お互いの利益になる場合が多い),
だから,とても生産的だ。

そしてなにより,
ぼくが科学研究の世界を素晴らしいと思うのは,

 どんなペーペーの,ド素人の若者でも,
 (原理的には)世界のトップの科学者や,
 過去の数々の偉大な科学者たちとだって,
 対等に議論できる

という点である。

(原理的には)権威や権力がものを言わず,
「実験」という絶対的評価基準(検証手段)によって,
全てのシロクロがつく勝負。
どんなに非常識でバカな仮説を立てても,
それが実験で証明されれば,そいつの勝ち!な世界。

そこでは,
若者も,じーちゃんばーちゃんも,
子供も,大人も,
男性も,女性も,
全員が,1コの独立した個人として,対等。
(もちろん,人としての礼儀は必要だし,
現実では,全てがそうではないことも,知ってますけどね。
でも,原理的には全員,対等なのだ)

そういう世界って,すばらしいではないか。
全ての人に,平等に,チャンスが開かれている世界
(必ずしも「結果の平等」ではない。ねんのため)。
自分の努力次第で,どこまでも行ける世界。
かつ,人を蹴落とさなくても,
「みんなが勝ち!」が成立しうる世界。
(だって,努力の方向も,人それぞれで,
 これまた,無限だから。)

ずっと,そういう世界に行きたかった。
目の前でそれを見せられながら,
柵で囲われ,おいしくもないニンジンをぶらさげられ,
なだめ,すかされ,
(もちろん,それは未熟なコドモを守り育てる仕組みだったので,
感謝はしているのだけれど,でも…………ね)

そしてやっと,今日,放たれた!

もう,ガマンしなくていいのだ。
遠慮なく,際限なく努力していいのだ。
どこまでも,突っ走っていいのだ。

もうホント,マジで,うれしいっす(嬉)。
がんばります。ぼちぼちと。

今日から,本格的な研究者人生の幕開けだぁ!!!

まずはきちんと,
基礎のおべんきょうから始めます。
知識も技術も,全然,足りない!(嬉)

そんなわけで,
今日から不定期で,研究日誌もつけていきたいと思います。
今後をおたのしみに〜〜♪



【本日の課題図書】
Introduction to Plant Population Biology

個体群生態学の名著(教科書的本)らしい。洋書,読めるかなぁ。
ま,つべこべ言ってないで,読むしかないのだわいな。
どうせこの先,英語論文も読んでいくことになるのだし。
少し気合い入れて読んでみようと思う。
さびついた英語も,再び活を入れなければ(^^;)。

里山の環境学

こちらは鷲谷さんらの書かれた本。
「里山」とか,最近はわりとよく耳にする言葉になってきているが,
ほんの数十年,十数年くらい前までは,
自然保護といえば,「ジャングルなどの原生的自然」の保護のことであった。

それだけではなく,ヒトの手が入った,農村などの景観や植生
(これを「二次的自然」と呼ぶ。ジャングルとかは,「一次的自然」)
も,守るに値する価値を持っているのだ,としたのが,
鷲谷さんや矢原さんらの研究である。
(始まりは,アメリカとかヨーロッパなのかな)

そのへんのことを扱った,これまたよさげな本。
表紙の絵も,好きだ。
小学生の頃は,トンボが大好きな昆虫少年だったことを思い出す。


つーわけで,
明日から,ぼちぼち読み進めていきます。うっひょ〜〜〜♪♪
(はい,ご覧の通り,かなり浮かれてます。くれぐれも,交通事故には気をつけます)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/gandhi/50065149
この記事へのコメント
今までは英語論文等は読んでこなかったんですか?
うちの学科は授業でもレポートでも、英語論文がバンバン出てくるんで、最初は皆ヒイヒイ言っていました(テーマだけ与えられて、論文を自分で探して読むのが一番大変…)。今は流し読み(?)を身に付けたので、読むのにそんなに苦労しなくなりましたが。慣れるまではなかなかしんどいものです。ファイト!

あんまり浮かれていると、後でがっくりスタミナ切れになりますから、お気をつけを。
Posted by みさ吉 at 2006年02月14日 01:18
>みさ吉さん
あ,はい,農学部は(いや,「うちの学科は」かなぁ?)
ゆる〜いので,英語論文を読まなくても,生きていけます(笑)
(もちろん,意識の高い人の中には自分でよんでる人もいる)。

ま,文学作品ではないし,興味のある分野の英語なので,
読めるでしょう。
わかんなかったら,センパイに訊けばいいし。
(あぁ,なんてステキな環境!)

お心遣い,ありがとうございます。
重々,気をつけます。ありがとね〜。
Posted by ガンジー at 2006年02月14日 08:54