2006年01月31日

手紙2:学科のみなさんへ「ごあいさつ 〜 思うところなど,つらつらと」

昨日の朝,
(研究室配属の)名簿提出のためのメール送信ボタンを
「ぽちっとな」と押した瞬間,
心が,ものすごい,ふわりと軽くなりまして,
「(意識しきれてなかったけど)あぁ,やはり,
ずいぶん向いてないことをして,無理してたんだな〜」と,
思いました。

たぶんそんなことは今さら書くまでもない,
みなさんご存知のことと思うのですが,
ぼくは本来,
自分の好きなこと(だけ)を,好き勝手にやっていたい,
たいへんオコサマな人間です。

大人がマジメに働いてる側で,
勝手におもちゃで遊んでたい(^^;),という,
そういう人間です。

そんなことは,
1年間,まわりの迷惑も省みず,
明らかに好きなことしかやってなかったのを,
みなさん散々知っておられるでしょうから,
いまさら改めて言うまでもないことですね。

気付けていなかったのは,自分だけ,という……
まぁ,なんともお恥ずかしい話だこと(^^;)。

そんなぼくが,
今回のようなまとめ役・調整役をするのは,
やはり,適性としては,明らかに向いてない仕事でした(^^;)。

そのくせ(そんなんだから?),
「29人,全員分の人生をしょうんだ!」とか,
気負い込んでしまってねぇ。

別にそこまでしょわなくていいのにね(^^;)。
でも,ぼくの性格だと,
そこまで,勝手に(別に誰も頼んでないのに(^^;)),
背負い込みたくなってしまうんですねぇ。

結果,でも,
そんなのはどだい無理なので,
こうやって掲示板で悪意をまきちらしたり,
本当にいろいろ「やらかし」ました。

なんとかまぁやりきれたのは,
本当に,みなさんのオトナなご協力・ご配慮のおかげです。
ありがとうございました。

そして,どうも本当に,
1年間,勝手なことばかりして,
ご迷惑をおかけしました。

いま,むっちゃ,恥ずかしいです。
ほとにまぁ,合わせる顔がない…… しょぼーん。

そんなどーしょーもないワタクシでさえ,
あたたかく迎え,受け容れてくれた
この「1類」というコミュニティは,
マジで最高です。うるるるる〜〜。(※昨日から,軽躁気味です)

来年からは,
ぼくはちょっとみなさんとは違う方向に進むことに
なりますが,
でも,同じキャンパス内だし,講義もまだあるし,
また会えることと思います。
(会いたくもない,という人は,ぼくを見かけたら,
そっと(なるべくそっとでお願いいたしやす(^^;)),顔を背けるべし)

もとい。また会えることと思います。

さらに,来年度は,
「自主ゼミ」という〈おもちゃ〉を自分で作って,
今年ほどはみなさんには迷惑はかけないようにしつつ,
でも引き続き,
一生,好き勝手遊び続けるつもりですので
(そういう意味では,全然,全く,
これっっぽっちも,反省していないのであった……(^^;)
残念ながら,その点において,
ぼくは一生は変われないし,
変わらない・変わろうとしないであろう(^^;)),

再びもとい。
そういうわけですので,
もし「しゃーねぇなぁ,つきあってやるよ」
という方は,ぜひ,
来年度も,また一緒に遊んでやってくださいませ。 (^^;)

本当に,ありがとうございました〜。
感謝しております。

(あ,なんかもうすっかり終わった気分だけど,
まだテストあるがや。どないしよ…………)

   2006.1.31
  修論発表会はサボって家で遊んでいる
              キムラヒトシ 記


あー,ホント,この上なく楽しい1年だったわ〜!! \(^^)/
むっちゃ,満足!!  ←結局は最後まで勝手 。(嗚呼,救えない)

でも,満足なんだも〜ん!!!!!!

 ではまた!

────────────────────────────────

ひとまず,
整理をつけたかったので,お別れを告げてみた。
まだみんなとは会うけどね。

やっぱり,空気読めない人・読まない人ってのも,
集団には,
ひとりかふたりくらいは,必要なのだと思う。

たぶん昔は,
いろんな(精神)年齢の個体が混ざっていたバンドだったので,
そういう役割を果たす幼ない個体とかも適度にいて,
うまくまわるようになっていたのだけれど

こうして社会が近代化して,
同年齢だけ集めて1コずつハコにまとめて,
そういう,
〈ヒト本来の社会システム〉を無視した,
“乱暴な”教育が行われるようになって,
だから集団としては,ある種,非常に難しいものが,
生じているように思う。

これからは,進化によって形成された
ヒトの持つ心理・社会システムをきちんと,
科学の研究成果として踏まえた上で,
そのような,ヒト本来の特性に合わせた教育が提供されることが,
求められる,そういう時代になると思う。

将来的には,そういう研究をしたい。
それだって一種の「保全生態学」(“ヒト社会生態系”の保全)だろう。

がんばります。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/gandhi/50061521