2006年01月07日

炬燵礼賛

炬燵礼賛

東京に戻って数日。
以前と違って,さみしさなどは特に感じないが,
ただ一点,
またコタツとしばらくお別れなことだけが,残念である。
(いまの部屋には,面積的な制限により,コタツが置けない。)

ふと思い出して調べたら,
ちょうど一年前にも,同じコタツほめたたえ記事を書いていた。

わたくしという存在は,彼様に,コタツが好きである。

あれは,本当によくできた,幸福発生装置だ。
電気エネルギーを,
熱エネルギーを経由して,ヒトの幸福に変える。

コタツとミカン(と,気が向けば読書)という,
正しく清らかな冬の過ごし方が世界に広まれば,
きっと,世界平和の実現は,今よりも,ぐっと,現実に近付くだろう。

たぶん,ぼくがこの先どれだけがんばっても,
コタツがこれまで発生させてきた幸せの量には,
到底かなわないだろう。

コタツとは,其様に,偉大な存在である。
(後者は,ぼくが卑小なだけであるが)

みなよ,コタツを褒め称えよ。
コタツを拝み,コタツを愛し,
コタツに日々感謝しながら,コタツと寄り添って生きよ。

コタツ,礼賛。

こたつむり 2006年バージョン



*祝,400記事突破。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/gandhi/50054818