2005年12月08日

オリジンバンドウ in the RAMRA

■オリンジンバンドウ in the RAMRA
オリジンバンドウin RAMRA

昨日は,友人ソブ氏のやっているジャズバンド,
オリジンバンドウのライブに行ってきた。

夏に自主製作のCDをもらって,
なかなかの心地よい音楽に,
「いったい,どんな人々が演奏しているのかな〜」と,
気になっていた。

なので,
「これが終わったら多分しばらく
オリジンで演奏する機会はなくなると思います。」
という文字を読んで,
「すわ,行かねば!」と思ったのである。
会場も近い(ってか帰り道)。
というわけで行ってきたんであるが,
これが,たいへんよかった。
少なくともぼくは,感じるところがありました。

やっぱ,生演奏は,いいですねぇ。
体が音に浸る感覚は,
家の中で隣を気にしながらのショッボい音では,
望むべくもないです。

そして,いちばんよかったのは,
彼らが,
みんな楽しそうに演奏していたことである。


なにかを表現する者の,最低限の条件は,
「自己満足」だと思う。

自分で満足していない人が,
人を喜ばせたり,感動させることなど,
できるはずがない,と思うからである。

どんな表現も,まずは,
自分がたのしむことから始まるのだ。

そういう意味で,
昨日の彼らは,とてもよかった。
とてもたのしそうで,
見てるこっちも,たのしい気分になった。

ベース(?),キーボード,アコーディオン,ドラム,
なんかみんな,見るからにキャラが立ってて,
そのまま,マンガのキャラクターにでもなりそうなのである(^^;)。
あぁ,いいバンドだなぁ,と思った。

また聴きたいです,ソブくん。
ぜひ,音楽を続けてくださいね。


ソブログ:宣伝!!に,トラックバック投げ!
Posted by gandhi at 07:47│Comments(3)TrackBack(0)記事編集そのほか雑記

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/gandhi/50046832
この記事へのコメント
後半の文章そっくりそのまま大賛成っす。

「自己満足」が楽しさを、「自信」がカッコよさと安心感をあたえるんだよね。
Posted by ささお at 2005年12月09日 01:38
来てくださってありがとうございました!
しかもこんな記事まで書いていただいて、
ありがたい限りです。

音響のトラブルなんかも重なってあまりいい状態ではなかったんですが
それでも一緒に楽しんでいただけたようで何よりです。

このバンドそのまんまでの活動は休止ですが
もっと軽い気持ちで公園とかで演奏してみたいなぁ、とか思ってるんで
そのときはまたどうぞ。
次は「自信」も与えられるように精進していきます。
Posted by ソブ at 2005年12月09日 18:16
>ささおくん
おぉ,賛同,ありがとう。
確かに自信は安心感を与えるかも。パワポのプレゼンとかでもそうだよね。
揺れると,お客さんに伝わる。

結局,表現というのは,コミュニケーションの一種だからでしょう。


>ソブくん
お客さんも,けっこう評価してくれたんじゃないでしょうか。
おじーちゃんとか,手たたいてたし。
ああいう半ストリートみたいなとこで音楽を奏でるのって,
コンサートとかとはまた違った「文化の豊かさ」みたいなのが
あるような気がします。
貴族的ではない,誰でもたのしめる音楽,っていうのかな。そんな感じ。
Posted by ガンジー at 2005年12月10日 00:31