2005年11月28日

【分子模型】アントシアニン

69033226.JPGついにやってしまった。アントシアニン!
(サルビニアンsalvianin;ペラルゴニジン-3,5-ジグルコシドがカフェー酸でアシル化されたもの)
安田齊『花色の生理・生化学』24ページより)

アントシアニンってのは,植物色素の一種です。
花の色が赤いのは,このひとのおかげです。

今までの私の分子模型ライフの中でも、最大級です。
でっかいです。
これくらいでかいと、達成感がありますねぇ。


【後日談】
大学の実験レポートの「付録」として,提出しました(^^;)。
大学でも,分子模型講座を開いて,
このたのしさを伝えたいなーと,前から思ってます。

しかし,なかなかキッカケがないんだなぁ。

Posted by gandhi at 09:03│Comments(0)TrackBack(0)記事編集分子模型

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/gandhi/50043722