2005年11月12日

【WS講師修業】円頓寺商店街「ごえんいち」

【WS講師修業】円頓寺商店街「ごえんいち」

※11/14追記:物置きにフォトレポートをアップしました。→楽知ん物置き

もう1週間前になってしまいましたが,
11月6日(日)に,名古屋の円頓寺(えんどうじ)商店街というところの,
「ごえん市」というお祭りで,
大道仮説実験講師デビューをしてきました。

大道仮説実験ワークショップで講師を組む,
シオミさんと一緒に,ストリートで,バンジーチャイム演奏会。

(*バンジーチャイムというのは,
  決まった長さに切った真鍮のパイプを落とすことで,
  曲が演奏できる,という楽器です。

  落とすだけなので,誰でも演奏に参加できる,
  世界でいちばん〈投げやり〉な(^^;),すばらしい楽器なのだ)

他にも,楽知ん研究所のメンバーで,
〈ころりん〉,〈モクモク〉,〈しゅぽ↑しゅぽ↓〉などをしました。
 (ソブくんが,報告をアップしてくれています。
   →ソブログ:(11月7日) ストリートデビュー!!
    ソブログ:(11月11日) 写真感謝です!!

ストリートは,お客さんを集めるところからしないといけないので,
条件としては,なかなか厳しいのですが,
おじいちゃんおばあちゃんや,子ども,大人まで,
いろんな人がいて,空間も開放的で,
なかなか,おもしろい面もありました。
最初は緊張しましたが,
何回かパフォーマンスを重ねるうちに,
だいぶ慣れて,
最後は,ステージでやらせてもらいました。

師匠には,
「いきなりの初心者を,そんな人前に出すわけにはいかない」と,
かなり渋られたのですが,
そこを押しきって(^^;),なんとか,やらせてもらうことに。

シオミさんの度胸と元気さのおかげで,順調に進み,
最後の,「歓びの歌」までやって,
拍手をもらって,お客さんのたのしそうな笑顔を見た時には,
感動しました。


その日,初めて人前でやったのに,
こんな,100人近い人の前でやれてしまって,
拍手までもらえてしまうのは,
フリップブック」というもののおかげです。

「フリップブック」というのは,
スケッチブックサイズで,問題や展開が書かれていて,
それをめくってお客さんに見せながらやれば,
誰でも大道仮説実験ができるようになっている,
というものです。

これさえあれば,
特殊な名人でない,ごくフツーの人でも,
見るに耐える,知的エンターテイメントがやれてしまって。
人の喜ぶ顔が見れてしまうわけです。

そういう,
多くの人の笑顔につながるような仕事をすること,
「それさえあれば,誰でもやれてしまような〈ソフト〉
(と,それを支えるハード)」を開発するのが,
我々,楽知ん研究所の仕事です

……とまぁ,
おもいきり師匠の受け売りなんですけどね(^^;)。

でも,ぼくはその思想に賛同するし,
このネットワークに集う愉快な仲間たちと一緒に,
これからも,たのしく研究を続けていきたいと思っています。

21歳でこんな創造的な仕事に関われてしまうのは,
本当に,幸せですねぇ。


12月24日・25日,
福井まで来てくださるお客さんたちに喜んでもらえるように,
そして,そのお客さんたちが,地元で大道仮説実験をし,
さらなる笑顔の流れが広がっていくように,
あと1ヵ月半,しっかり,やれることをしたいと思います。

今日もこれから,
バンジーチャイムと共に,
東京理科大久喜キャンパスの学園祭に行ってきま〜す。

がんばってくるす!


【参考記事】
10月17日「【WS講師修業】今後の出没予定」

*なお,
後日,物置きにも,フォトレポートをアップ予定です。おたのしみに。

→アップしました:ごえん市報告
  
Posted by gandhi at 11:39│Comments(0)TrackBack(0)記事編集楽知ん日記

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/gandhi/50037454