2005年09月04日

夏休み省察(3)読書記録

夏休み省察(3)読書記録

たいした量は読めませんでした。

●7/19〜25
  戸田山和久『論文の教室』(NHK出版,2002)

●7/7・7/25〜8/13
  斉藤萌木『仮説実験授業成立過程の検討』
     (仮説実験授業研究会ガリ本図書館,2005)

●8/15・16
  伊坂光太郎『死神の精度』(文藝春秋社,2005)

●8/25〜27
  キャリー・マリス『マリス博士の奇想天外な人生』(早川書房,2000)

●8/27
  冬目景『LUNO(1)』(スクウェア・エニックス,2003)

●8/27
  吉本ばなな『とかげ』(新潮文庫,1996)


────────────────────────────────
●7/19〜25
  戸田山和久『論文の教室』(NHK出版,2002)
論文の教室??レポートから卒論まで


 きちんとしたレポートを書けるようになりたい,という問題意識で読んだ。
 どちらかというと文系向けの論文指導だったので,やや不満。
 著者のヒクツな態度とサムいギャグには,かなり不満。
 まぁでも,テクニックの基礎知識は身に付いたと思う。


●7/7・7/25〜8/13
  斉藤萌木『仮説実験授業成立過程の検討』
     (仮説実験授業研究会ガリ本図書館,2005)

 友だちの卒業論文。
 私家出版なので,アマゾンリンクと表紙写真はなし。

 仮説実験授業研究会の立ち上げ当時の様子がうかがえて,
 自分の研究(『みっけ』2号に掲載にレポートとして掲載予定)の参考になった。
 日本の教育学のお寒い現状もわかる。モエギさん,がんばってください。

 お母さんの寄稿が,スバラシかった。

時代に道を 教えてあげよう
時代が君に 近づくように

(銀色夏生『Go Go Heaven の勇気』(角川文庫)より)



●8/15・16
  伊坂光太郎『死神の精度』(文藝春秋社,2005)

死神の精度


 なんにもする気になれなかったので,母親の本棚を物色。
 しばらく前に新聞の書評で見ておもしろそうだった,この本を発見。
 母とは,本の好みがけっこう似ているようだ。

 まぁ,それなりにうまく書けていたが,
 なんとなく,好きにはなれないなぁ,と思った。
 主人公の死神が,観察者だから。

 対象とは一歩離れたところから,成り行きを傍観している。
 無関心と冷めた態度を装いながら。

 距離をとっているので,自分が傷付くことはない。
 でも,ちらちらと,さびしさや,
 一生懸命になれる人への羨望が透けて見える。

 「若者を中心に人気」という著者紹介を読んで,
 なんとなく納得できた。
 うらやましさを感じながらも,傷付くことやバカにされることが怖くて,
 自分の殻に閉じこもっている今どきのワカモノたちには,
 主人公の死神は,シンパシーの対象なのだろう。

 なんかこう,涸れてる,んだよなぁ。
 エネルギーが低い。若いのにさぁ。もったいないのよね。

 あー,なんか言ってることが説教くさいな(^^;)。

 というわけで,それほど好きにはなれなかった。
 ひまつぶしにはなった。



●8/25〜27
  キャリー・マリス『マリス博士の奇想天外な人生』(早川書房,2000)

マリス博士の奇想天外な人生


 帰京する列車の中で読んでいた
 この人のエピソードを読んでると,ファインマンでさえおとなしく見える。ぶっ飛んでる。
 でもこういう人に(かなり本気で)憧れてしまう自分も,
 かなりぶっ飛んでる部類に入るんだろうなぁ(^^;)。


●8/27
  冬目景『LUNO(1)』(スクウェア・エニックス,2003)

 LUNO (1)


 マンガ。この人の本は,けっこう好きである。


●8/27
  吉本ばなな『とかげ』(新潮文庫,1996)

とかげ


 小説はもうすっかり読まなく/読めなくなったが,
 たま〜に,どうやっても他になにかをする気力が湧かない時だけ,
 思い出したように読む。


●8/28〜9/3
  永井明『ただ、ふらふらと』(中央公論社,2004)

ただ、ふらふらと??酔いどれドクター最後の日誌


 2月に,訃報記事を書いた
 その時にぼくは,こう書いている。

 
ぼくは今まで,幸か不幸か,
〈本当に親しい人の死〉というものに遭遇したことがない。
でも,もしそういう誰かを失ったとしたら,
きっとこんな感じ(がもっと強く)襲ってくるのだな,と感じた。
(どうもぼくはそれに耐えられる自信がないのだが…)


 今回,〈本当に親しい人の死〉に遭遇した。
 きちんと耐えられた。生きている。以前よりは強くなった。
 (「約束」もあるし,ふふ。)

 久しぶりの永井節は,相変わらず軟弱で,繊細で,さばけていて,
 弱り気味の心には,心地よかった。
 これで彼の著作は,ほぼ読み切ってしまった。
 「最後の日誌」だし,そろそろお別れかなぁ……


以上。
あとは毎週の週間少年ジャンプと,ブックオフでの立ち読み。

さて,次は何を読もうかな。
なにかオススメの本があったら,教えてください。


夏休みの省察を終わります。
明日から学校だー。
Posted by gandhi at 11:49│Comments(0)TrackBack(0)記事編集オススメ

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/gandhi/50013008