2004年04月27日

COEテーマ講義「心とことば」(2)石田貴文さん

COEテーマ講義(2)石田貴文さん■COEテーマ講義「心とことば」(2)石田貴文さん

昨日はテーマ講義「心とことば」の第2回目,
講師は東京大学理学部人類学,石田貴文さん。

ひょうひょうとした,ええ感じのおっちゃんでした。

講義の内容は,
ツカミの「人類進化クイズ」から始まって,
徐々に専門的な話;「動物地理学の3大法則:ベルグマンの法則,グロージャーの法則,アレンの法則」に持っていき,
「グロージャーの法則(高緯度地方の生物ほど体色が濃くなる)」をとりあげて,
その分子生物学的裏付けの話,
最後に「これからの進化人類学はどうなるか」でシメ。

まぁ講義の内容はフツウだったかなぁ。
それほど興奮も感動もありませんでした,ぼくとしては。
(ただこの講義は文系の人々も半分くらい受講しているので,
その人たちには新鮮な話だったのかも?よくわかりませんが)

最後にリアクションペーパーを提出しておしまいだったのですが,
そのリアクションペーパーの課題が「めい作」(たぶん「迷」^^;)でした。

曰く,「チンパンジーとヒトが交配するとする。どちらが父親で,どちらが母親がいいか。またそう考えた理由を述べよ」

どうですか,この質問。
めちゃくちゃでしょう(^^;)?
質問の仕方があいまい過ぎてなにをどう答えようか逡巡してしまいました。

石田さんは敢えてそういう困るような問題を出したようで,
「これは質問が悪い」と言ってやっても,ニヤニヤしてるだけでした(^^;)。


驚いたのは,周りの生徒の多くはなんのためらいもなくカリカリと一生懸命なにか書いていること。
一瞬,「やっぱ東大生はアホだ」という思いが頭をよぎりました。

だって,ねぇ,こんなメチャクチャな質問にも大マジメで答えちゃうんだもんねぇ。
いやはやなんとも…(^^;)

しょうがないのでぼくも適当に答えときましたが,
恥ずかしいのでなんと書いたかはヒミツです。


う〜ん理学部人類学も魅力的なんだけど,
いかんせん進振りの点数が足りない。
裏口進学枠とかは無いものかなぁ…なんてね(^^;)。


さて,来週は千葉大文学部の岡ノ谷一夫さん。
言語学の人らしい。来週も楽しみ!


【他の回の記事はこちらから↓】
http://blog.livedoor.jp/gandhi/archives/cat_48505.html

【参考ホームページ】
東京大学大学院理学研究科 人類生物学・遺伝学研究室

東京大学研究者紹介ページ「石田貴文」

21COE「心とことば:進化認知科学的展開」(東京大学総合文化研究科)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/gandhi/463919