2004年06月24日

生命科学の現在・パート6(12)酒井邦嘉さん

生命科学の現在・パート6(12)酒井邦嘉さん
■生命科学の現在・パート6(12)酒井邦嘉さん

 「生命科学の現在・パート6」第12回,今回の講師は,東大教養学部 生命認知科学科,酒井邦嘉さん。

 さすが駒場の人気講義の担当教官。話がとても上手でした。
また聴いていて,「やはりこの人はものすごく頭脳明晰なヒトだ」と思いました。

以下,内容報告。



●「研究者のすすめ」

 最初は「研究者のすすめ」ということで,研究職の実情・心得などについてお話ししていただきました。

「〈者〉がつくのはサービス業」
「運・鈍・根」
「〈何をするか〉だけでなく,〈何をしないか〉も大事」などなど,
とてもわかりやすく,かつ示唆に富む内容で,ためになりました。

 ところどころにニュートンやアインシュタイン,寺田寅彦らの言葉を引用していたのも,味わい深くて印象的でした。


●MRI体験

 続いてご自身の研究テーマ,システム・ニューロサイエンスについて話をしていただいた後,
研究室にお邪魔してMRIを見せていただきました。

 指示に従って金属製品を取り外して部屋の中に入ると,ありましたありました,MRI。
2億円ほどしたそうです。ニオクエン…(^^;)。

 初期投資だけでなく,ランニングコスト(冷却用の液体ヘリウムの補充など)もけっこうかかるそうです。

 一通り画像の取り方などについてレクチャーした後,おもしろいものを見せていただきました。
3色ボールペンを機械に近付けると,中のスプリングが磁気でグリグリと動く,というものです。
みんな順番にボールペンを持って,この不思議な感覚をたのしみました。うひょぉ!変なカンジ!


●MRI(ほんとに)体験

生命科学の現在・パート6(12)ヤマサワくんの脳のMRI画像

 最後にひとり代表でMRI画像を撮ってあげる,とのことで,激しいジャンケンの結果,ヤマサワくんが撮られることになりました
(ぼくは残り3人まで残ったのですが,惜しくも負けてしまいました。残念)。

 写真が,その画像とヤマサワくんであります。「自分の脳みそを見る」ということで,感動しておられました。
いいなぁ…撮ってもらいたかったなぁ…。


●「脳みそ」はやっぱりおもしろい!

 話を聞いたり,こうして実際のMRI画像を見せられたりして,
やっぱり「脳」という研究テーマはものすごくおもしろそうだなぁ,と思いました。

今回進振りで進学するところはとりあえず脳みそとは関係ないところではありますが,
もしかしたら将来…なんてね。まぁ,将来のことはわかりません(^^;)。
(なにより酒井先生ご自身が,もとは物理畑出身なのですから。)

 少なくとも,興味だけは持ち続けていたいなぁ,と思いました。


 そんなわけで,

 以上,今回もたのしかった!!

 酒井先生,どうもありがとうございました〜。


【参考サイト】

東京大学研究者データベース:酒井邦嘉

Sakai Lab


【他の回の記事はこちらから↓】
http://blog.livedoor.jp/gandhi/archives/cat_45939.html

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/gandhi/2822672
この記事へのコメント
おお!酒井せんせいだー。カッコいいですねえ。MRI体験もあったそうですが、僕もMRI体験したことありますよ〜。「認知神経科学」で被験者バイトを募集していて体験しましたがめちゃくちゃ怖かったです。閉所恐怖症なんですよ。そのときわかりました。結局僕は左利きだったのでバイトは駄目になったんですが、理系の先生の研究室はいろいろあってすごく面白いです。
Posted by けっち at 2004年06月24日 20:10
>カッコいいですねえ。

はい,この「決めポーズ」を撮るのに苦労しました(^^;)。
「半跏思惟像」のポーズみたいでカッコイイんですよねぇ(^^;)。

>被験者バイトを募集していて体験しましたが

あ,いいなぁ。たしか謝礼も出るんですよね。
今度トライしてみようかなぁ。
Posted by ガンジー at 2004年06月24日 20:39