2004年03月24日

楽知ん紹介シリーズ(4)「フラッグス」

フラッグスパッケージ■楽知ん紹介シリーズ(3)世界の国旗カードゲーム〈フラッグス〉

●フラッグスとは?

フラッグスとは,楽知ん研究所の生産物で,とっても楽しくて,しかも奥の深いカードゲームです。


カードは,こんな感じです。
フッラグスカード

こんなカードが60枚,つまり世界中から60ヵ国が選ばれています。


ルールは「UNO」のような感じです。
親を決めて,時計回りに順にカードを出していき,
一周した時点で場に出た国の人口を比べ,いちばん人口の大きい国のカードを出した人が次の親になります。
これを繰り返してカードを減らしていって,いちばんはやく手持ちを0にした人の勝ちです。
ちなみに残り一枚になったら,「ポピュレーション!」(英語で「人口」の意味)と叫びます(^^;)。

こうして遊んでいるうちに,世界の国旗に親しみ,いつの間にか国の人口まで覚えてしまう!という
スグレモノなカードゲームなのです。

さらにそれだけではありません。


●「ポピュレーション」と「リッチ」,2種類のゲーム

フラッグスには,「ポピュレーション」と「リッチ」,2種類のゲームが入っています。
さっきのルール説明の「ポピュレーション」では,〈人口〉で強さを決めました。

しかし「リッチ」では,それぞれの国の「一人あたりGDP(=その国の“お金持ち度”)が強さの基準になります。

当然,強い国はかなり違ってきます。
ポピュレーションで強かった中国やインドは,リッチでは全くのよわよわカードに
なってしまいます。


●世界が“見えてくる”!

こうして,2種類のゲームで遊ぶこと,即ち〈2種類のモノサシで世界を見る〉ことで,
世界が“見えてくる”のです。
なんだか嘘くさいですが(^^;),でも,見えます。ホントです。


どうでしょうか,フラッグスに興味,湧いてきました?

そして気になるお値段の方は…,
ポピュレーションとリッチ,両方入って,1箱1500円!

安い!
(とぼくは思いますが…(^^;)。
だって1500円で「楽しい時間」が買えるなら,安いもんです。)

お求めは楽知ん研究所の「楽知ん商店街」からどうぞ。


【参考】
フラッグスについてのより詳しい情報は,製作者小出雅之さんのホームページ,「Lactin Factory」から得ることができます。
(この記事に使った写真も,小出さんのページからいただきました。)
Posted by gandhi at 06:21│Comments(0)TrackBack(0)記事編集楽知んとは?

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/gandhi/275631