2005年03月24日

エレキテル研究会 報告

ひらひら開く,ひらひら君。
■エレキテル研究会 報告

ずいぶん前になってしまいましたが,
2005年2月26日(土)〜27日(日)に,
横浜で前田一幸さん主催で,えれきてる研究会が開かれました。

物置きの方に写真と簡単な報告をアップしましたので,
よければご覧ください。

エレキテル研究会 報告


以下,報告の部分だけこっちにも転載。


講師は吉川辰司さんと,宮地祐司さん,阿久津浩さん。
吉川さんは,かつてサイエンスシアターで一度だけ使われて
その後眠ったままだった巨大エレキテル(静電気発生装置)を,
この日のためにわざわざ持ってきていただきました。

また,ネアン(?〜?)の使っていたものを再現したという一連の実験器具は,
圧巻!でした。かぶり付きで夢中になって見入ってしまいました(^^ゞ

宮地さんは,京都教育大学大学院の修士課程に通ってまとめられた,
キナズリー(Ebenezer Kinnersley,1711~1778)の静電気実験講座の研究を,
2日間にわたってたっぷりと話してくださいました。

阿久津さんは,湯沢さんという方がかつてサイエンスシアターの時代に作られた
手回しエレキテル追試・改良する形で,エレキテエル製作講座を開いてくださいました。
これまた,ものすごく丁寧に材料が準備されていて,感激!

またナイターでは,楽知ん研究所のNPO法人化について,
参加者の持ち寄ったレポート発表を元に,いろいろと話しあいがもたれました。
これもとても充実していました。たのしかった!

で,結局,朝の4時まで起きて話していました(^^;)。
楽知ん研究会はものすごくたのしいですが,
カラダには,とてもよくないです……(^^;)
でも,たのしかった!!
Posted by gandhi at 09:27│Comments(0)TrackBack(0)記事編集楽知ん日記

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/gandhi/17087520