2005年03月06日

小説の一場面、メモ

自意識の果てなき暴走は続く。
もういまさら失うものは、何もない。

────────
「なに、嫌いなものを好きになるなんて、かんたんなことさ。
自分がそいつに与えてる意味付けを変えればいいんだ」
「かんたんと言っても難しくて、
わしが今まで本当に成功したことは、数えるほどしかないがね」

「理屈はかんたんでも実行するのは難しいことは、世の中にはたくさんある、
ってことですね」

「ま、そういうことだな。
でも、君なら挑戦してみる価値はあると思うよ。
変〈える〉ことはできなくても、変〈わる〉ことはあるしね」
そう言ってニッコリと笑うと、
おじいさんは跡形もなく消えてしまった。

Posted by gandhi at 07:26│Comments(0)TrackBack(0)記事編集仙台逃避旅行記

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/gandhi/15694545