2005年03月05日

【うつ状態観察記録1】情緒不安定につき

【うつ状態察記録1】情緒不安定につき

朝目覚めて、
自分が生きていることにうんざりする。

眠りの世界は、自分が唯一、
考えることをやめて、心から安らげる世界だ。

「このまま朝起きたら冷たくなって、動かなくなっていたらとてもラクなのに。」
そう思いながら、眠りにつく。

朝、ぼくは静かに冷たくなる。
そして誰にも気付かれないまま、静かにそのまま部屋で眠り続け、
静かに、腐敗していく。
蛆やバクテリアや、そういう新しい生命を、育みながら。

ある日、となりの部屋の住人が異臭に気付き、
ぼくは発見される。

誰にも悲しまれる事なく、
ワイドショーと近所のヒマなオバサンたちに
いっときの話のネタを提供して、
ぼくはこの世から消える。
物質的にも、人の記憶からも。


しかし現実はそうはいかないのだ。
体は勝手に冷たくなってはくれないし、
ぼくには腹をかっさばくような刀もなければ、
オーバードーズするような薬もない。
ビルの屋上から飛び下りる勇気もなければ、
首を吊るような梁も、丈夫なロープもない。

唯一あるのは、ガス管くらいだろうか。
これくわえたら、ラクになれそうだ。


でもさっきの話でいちばん間違っているのは、
たぶんぼくには幸せなことに、
死んだら悲しんでくれる人が、たくさん…とまではいかなくても、
少しはいてくれるであろう、という事実だ。

その事実(正確には事実ではなくて、仮説)だけが、
ぼくをこの世に辛うじてつなぎ止める。


いくら悔やんでも、してしまったことは取り消せないし、
人生は常に、今日、ここから始まるのだ。


さぁ、起きて、メシを食おう。
無理にでも詰め込もう。

常に、そこから始まるのだ。

────────────────────────────────

以上、うつ状態の時の思考の一端を
のぞいていただきました。

ぼくはいま軽いうつ状態にありますが、
まだ冷静に自分を観察し、
最後はちっとは前向きなことを書けているという点で
うつ病の再発とは違います。
今回は、キッカケがはっきりしているので…

たぶん一週間もしたら、元通り、元気になっているでしょう。

うつ状態になることは、
人間、生きてれば誰にでもあることですが、
一般にそういううつ状態が2週間異常続くと、
「うつ病」と診断され,専門医の治療が必要になります。

まぁもちろんハッキリしたボーダーラインがあるわけではないので、
境目はあいまいなんですが。

いまのぼくは、まだ大丈夫。

ただ不安定な状態なのは間違いないので、
取り扱いには注意が必要です。

ひとりで部屋にこもっちゃうのがいちばん危険なので、
なるべく外に出るようにします。

自己管理も、以前よりは少しは上達しました。

まだ、大丈夫。


【パソコンからの追記】
なんでも「転んでもシメタ」なんで,
「今回の〈シメタ〉はなんだろう?」と考えて,
うつ状態の思考を観察し,記録しておくことにしました。

うつ病の人は概ねこういうことを考えている,
ということを知っていただければさいわいです。

なお,「外に出よう」と書きましたが,
これはまだ比較的軽症だから有効な手段であって,
本当にひどいうつ状態の時は,
無理して外出したりしてはいけません。

エネルギーが切れている状態なので,
燃料が切れているのに,無理矢理くるまを走らせるようなものです。
かえって悪化します。

ですので,無理せず,
薬だけきちんと飲んだら,
あとはなにもせずじっと寝ているのがいいと思います,

じっとしているとどうしても思考が沈み込んでしまう,
という人は,クラシック音楽かなにかを,
耳障りにならない程度の小さい音量でかけると,気が紛れるんではないかと思います。

くれぐれも,無理をしてはいけません。

「うつ状態」と「うつ病」は,そういう意味では,
やはり違うのです。
(「量的変化が質的変化に転化する」というやつです)
ですので,対処の仕方が異なります。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/gandhi/15625968
この記事へのコメント
うつ病の人の気持ちが、少しだけわかりました。
私もうつ状態によくなる人です。
ハッキリと自覚があり、でもその気持ちからどうやっても抜け出せない。

もっとハッキリ書くと、自分から死んでしまおうというほどの
積極的な意志はないけど、このまま死んでしまってもいいかなぁとは思う。
その程度のうつ状態。

お互い、生真面目みたいですね(笑)
頑張るのよしましょう!
Posted by なお。 at 2005年03月05日 15:32
>なお。さん

>ハッキリと自覚があり、でもその気持ちからどうやっても抜け出せない。

そうですね,これがうつ状態の,ひとつの特徴ですね。
そういう時は焦らず,無理せず,とにかくどっしり構えて,
なるべくゆっくり休養するのがいちばんだと思います。
Posted by ガンジー at 2005年03月09日 13:32