2005年02月19日

「マイペース」考

■「マイペース」考

「マイペース」,という言葉がある。
普通は,
のんびりしているように見える人に対して,
「あの人はマイペースでいいわねぇ」とか(なぜにオンナ言葉?(^^;)),
うらやみと,かすかな侮蔑(?)のニュアンスで使われることが多いように思う。

でも,ちょっと考えてみると,
それっておかしくないだろうか。

なぜ「〈のんびり〉=〈マイペース〉」という図式なのだろう?
せかせかしている人は,「マイペース」ではないのか?

せかせかしている人だって,それがその人が元々持っている固有のリズムなら,
それがその人の「マイペース」(ヒズペース?)かもしれないではないか。

実際,ぼくなんかは,かなりせっかちな方である。

(ブログだけ読んでる人はあまりそうは感じないかも知れない。
しかしオフラインでぼくのことをよく知っている人は,
たぶんわかっていただけるのではないかと思う)

ぼくは元々かなり短気で,せっかちな性格なのだ。

したがって,今まで21年間生きてきて
「君はマイペースだね」と言われたことは,ほとんどない。
少なくとも,記憶にない。

しかしぼくは,
基本的には,常に「マイペース」で生きてきた,という自覚がある。

その「せっかちすぎるマイペース」により,
自爆・自滅したことも,いろいろある。

しかし,だからといってそれはやっぱり,
それがぼくの「マイペース」だったのだ。


そもそも,
この世にマイペースでない人なんか,いるのだろうか?
人は,自分の持っているもの以外のペースで生きられるものだろうか?

なぜ,ペースがゆっくりな人だけが
「あの人はマイペースだね」と言われるのだろうか?

それって本当は,
「あの人はスローペースだね」と表現するのが,
正確なのではないだろうか?


「マイペース」。
不思議な言葉である。



ということを,
さっき,花まるうどんのカレーセット(ぼくの好物)を食べながら,
とりとめもなく考えた。

今日の東京は雨だ。そして寒い。
しかし今からお出かけなのだ。るんるん。
Posted by gandhi at 14:29│Comments(0)TrackBack(0)記事編集そのほか雑記

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/gandhi/14641750