2004年11月30日

成長の手応え〜雪解けの季節

■成長の手応え〜雪解けの季節

このところ,なぜか立て続けにいろんな人から,ホメられたり,
高い評価をいただいたりしています。

けっこう,有頂天になっています(^^;)。
部屋でひとりでいる時も,いただいたありがたい言葉を思い出して,
思わず顔がにやけてしまったり,していまして…(^^;)(^^;)。

でも,おかげさまで(文字にするとクサくて気恥ずかしいんですが)
「自分が成長している手応え」というものを感じています。

自己評価 ─ 自分に対する自信 ─ も,すごく高まってきています。

1年前には,こんなこと想像もできませんでした。
去年の今頃はうつ病が再発していちばん調子が最悪だった頃で,
暗い闇の中をさまよっている感じでした。

ヘロヘロの状態でなんとか最低限の講義に出て,
学校から帰ってくるなり玄関にへたり込んで,泣き崩れてしまったり…

苦しかったです。

当然,自己評価も最低まで落ち込んでいました。
自信なんてものは,かけらもありませんでした。粉々でした。

当時の雑記に,こんなことが書いてあります。

《飛べない鳥は》
飛べない鳥は,もう一度はばたきたい。
飛べない鳥は,もう一度はばたきたい。
伸び伸びと,自由に。

飛べない鳥は,もう一度,はばたきたい。


いま読むとなんとも恥ずかしいですが(^^;),
でも当時の苦しさは,よくわかります。


それがいまは,自分に自信が持てているのです。
これは,驚くべきことだと思います。
(支えてくれた両親,先生,仲間には,感謝の念がたえません。)

この変化の原因は,
もちろん「うつ病がずいぶんよくなった」のもありますが,
それだけではない気もしています。

自分自身が変わってきた,と思うのです。
おそらく,〈「思春期」を抜け出しつつある〉のだと思います。
いつの頃からか,
気付けばずいぶん長い間,心を閉ざしていました。

誰にも心を開かず,
「どうせ自分のことなんて理解されない。できやしない。してほしくない」と,
孤独感を勝手に募らせ,心を閉じて,自分の中に押し込めて…。

まさに,これでもか!とばかりに,“思春期”,していたんですね。


それが,最近,ごく最近,変わってきたと思うのです。
いや,おそらく,少しずつ小さい変化は自分の中に蓄積されていたのですが,
それがある日突然,コップから水が溢れるように,ぶわっと溢れ出した感じなのです。

内向きで,閉じていた心が,一気に外に向かって開かれた。
はっきりと,その実感がありました。


「ある日」とは,いつか。

はっきり明言することができます。
2004年11月16日,久喜夢工房の日です。

あの日の夜のたのゼミ研究会で,
近況報告として,「ようやく大学がたのしくなってきました」ということと,「大道仮説実験ワークショップの事務局に立候補した理由」を話しました。
珍しく,自分の心の底の方の部分を他人に見せました。

あれが,あの瞬間が,ぼくの思春期の終わった時だったのではないか,と思っています。
(まぁ思春期なんてのに明確な区切りはないのわけで,あくまでも主観的に,ですけど。)


もちろん,そこに至るまでの伏線もありました。
それが,このブログです。

「自分を表現する手段・場を持てた」というのがすごく大きかった。

話すことが苦手な人は,無理に話そうとしなくても,〈話すこと以外の表現手段〉を持てばいいわけで,
それがぼくの場合は〈書くこと〉,つまりブログ,だったのだと思います。

そしてブログを書き続けているうちに,
ちょっとずつ心が柔らかくなっていって,
ついには苦手だった〈しゃべること〉も,少しずつできるようになってきちゃった,
という感じです。

雪解けの季節,といった感じでしょうか。


最近のぼくは,人から見ると「余裕がある」「自然体」な感じに見えるらしいです。
自分ではあまりそういう実感はないのですが,
でもそう見えているのだとしたら,それはたぶん,
ようやく人に対して心を開けるようになったからだろうなぁ…,と思います。

変わっていく自分。
そんな自分が,いま,とてもうれしいです。



ーーーー+

ちょっとだけ追記。

「余裕がある」ように見えるのは,
ホントに余裕があるから,というのもあるかな,と思いました。

実際,いま,すごく穏やかな毎日を過ごせています。
木曜日はまるまる空いているので,「週休3日」という,
信じられないくらい贅沢な1週間を過ごしていますし,
不安やストレスも,ほとんどない状態です。

「こんな穏やかな(でも,すごく充実している)日々は,いまだけだろうなぁ,
学生時代の特権だろうなぁ…」と思うと,ちょっぴり将来のことが不安になったりもしますが,

まぁでも,いたずらに不安になるよりも,
いまはその穏やかな日々を,周囲に感謝しながら,遠慮なく味わったらいいのではないか,と考えています。

せっかく雪解けしたんだしね!


あれ,ちょっとだけ追記のつもりが,ずいぶん長くなってしまいました(^^;)。
Posted by gandhi at 00:36│Comments(5)TrackBack(1)記事編集心の底

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/gandhi/10001779
この記事へのトラックバック
【心に残る言葉】Silent Voices:「 あなたのことが大好き」 少し前のことになりますが,印象的な記事に出会いました。 いつも愛読しているSilent Voicesの,04年12月25日付「あなたのことが大好き」という記事です (著者のSanaさんは,カウンセラーをされています)
【心に残る言葉】Silent Voices:「あなたのことが大好き」【ガンジス川のほとり〜ガンジーblog】at 2005年01月13日 10:43
この記事へのコメント
そうか(^^)
よかった。
Posted by カイパパ at 2004年11月30日 06:31
カイパパさん,ありがとうございます(^^)。
blogという道具を紹介していただいたカイパパさんには,
本当に感謝しています。
Posted by ガンジー at 2004年12月01日 08:03
カイパパさんのコメント、なんだかいいなぁ、と思いました。
Posted by みっくす at 2004年12月02日 01:34
みっくすさん,いつもコメントありがとうございます(^^)。
みっくすさんが「blog読んでるよ」って言ってくれたことが,
ぼくが自己評価を高めることができた契機になっています。
ほんと,ありがとうございます。
Posted by ガンジー at 2004年12月02日 08:58
<a href="http://furlashop.popprocess.com/">フルラ バッグ カルメン</a>正規品販売認定店! http://furlashop.popprocess.com/
BVLGARI 財布 http://bvlgaribuy.decolonizeboston.org/
Posted by BVLGARI 財布 at 2014年04月07日 19:01